Blog ブログ

Blog

ホーム//ブログ//もっとも大切なもの

ブログ

もっとも大切なもの

 



 

今やコロナの情報が錯綜していて、

「コロに罹患した人が物凄く増えて病院がひっ迫している」とTVできいたり、

「ワクが本当は人○削○だからうってはダメ」とか、

「感染したら無症状でも怖いのだから、マスクしてみんなの命を守るためにできるだけ外出しないで家にいるのがマナー!」とか・・・。

一体何を信じていいのかわからないよ状態。

 

こんな時にはちょっと一呼吸してじっくりこっそり一人で調べてみる。本で。文字って、いつでも空き時間に何回でも読めるから、難しいことでも時間をかければなんとなく理解できる。そして私の場合は理解できないことや受け入れがたいことは、保留しておくんです。

 

 

すぐにいいとか悪いとか やるとかやらないとか決めつけたりせずに、焦点をずらしてボ~とさせておきます。つまり保留箱にほっておくんです。時間がたつにつれて、他の色々な情報をつなぎ合わせるとなるほどと、ことの真相がわかるものです。

 

 

わたしもアーユルヴェーダが変な宗教だとか、あの人はこうだああだと、そしてあることないこと陰で言われたりもしましたよ。多かれ少なかれ皆そういうことありますよね。でも真実は絶対に光ってる。隠れていても光ってる。誰も知らなくても自分が自分を信頼して信念曲げずにいたら、心で受け止めることができる人ならば、それはいつかわかってくるものです。じっくり調べましょうよ。情報・商品・サービス・学問 なんでも。誰かの意見を参考にしても、自分の頭で考える。

 

 

そうしたら、ついでに私達自身の心の中までも、つられて巻き込まれて 本当の「思い」とか、大切なものとか、見えてくるかもしれませんよ。つまり調べていくうちに、真実は中からにじみ出てくるのです。目に見えようと見えまいと。調べて探求するほどに、それはじわじわと現れてくるのです。

 

 

いつだったか多分5~6歳?のわたしは、叔父に言いました。「自分が考えてるんだから、この考えてる自分がなくなるなんてありえない」そうしたら叔父は、「スゴイねそれ。「我思う、故に我あり」だね~!」って驚いて。    半世紀たってその「思う」の探求がやっと少しだけ見えてきたんです。

 

 

意識というものがわたしたちを導いてひっぱっていってる。先の方へひっぱっていってるのです。その影響うけて現実の世界できていく。逆じゃないのです。現実の出来事によって意識ができあがるのじゃない。あっちとかこっちとか気持ちふらふらしないで、遠いところ見据えて歩いていくと、わたしたちの行きたいところにちゃんとたどり着けるんですよ。

 

 

わたしがもっとも大切にしてるのは、あたたかい心です。やわらかなぬくもりのあるなにげない日常生活と清水が流れるようなきもち。

あなたがもっとも大切にしてるのは、なんですか?

 

 

 



 

 

真冬なのにメキメキ芽吹いてる。鉢を黄色にペイントしてから何かが宿ったみたいにパワー炸裂です。笑

 

 

 

 

ブログ一覧