Blog ブログ

Blog

ホーム//ブログ//新年、おめでとうございます。

ブログ

新年、おめでとうございます。



 

 

謹んで新年のお慶び申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

新年が明けて、なんだか別世界のような気がします。空が軽いのと、やはり太陽は大きすぎるし白すぎるし、なによりまぶしすぎる。

普段からわたしいろいろまとめようとするので、もう今年はすぐに書くようにします。もうそんな間もないまま容赦なく時が過ぎていく気がします。。。。

 

つい先日ヒーリングしてもらっているときに、 「空間をつぶしましょう」といって、一番大きなやっかいなある空間を処置してもらったその瞬間に地震がドン! そんなことあるんですね。通常の3次元の理論外のこと…になるのでしょうか(⁉)よくわからない?私もよくわかりません。笑

 

私は、ああそれってこれのことだったのかってわかる1年だったかもしれません。エネルギーのことは、目に見えない分注意して扱わないと責任が重いと思って慎重にしてきたかいがあったかなと思います。

 

もし私たちがいる場所が「ここ」ではなかったとしたら、すべてが変わってしまう。もし私たちがいる時が「この今」でなかったとしたら、すべてが変わってしまいますよね。
というかそれ自体がナンセンスなんでしょうから。異能領域にいる人からしたら。

 

これからは、あまりモノに執着せず、意識に注意していくと良いです。空を見てキレイな色だな~と思ったりすること、誰かと話をしているときにふと昔のことを思い出してこんなことは何年も思い出したこともなかったとじんとしたり。そんな右脳の感覚的な、心の世界、意識の世界での感覚が私達の一ひとりをつないでいるということが、次の2022年には必要じゃないかと思いました。

 

今までは、わたしたちは自分で考えたり調べたり学んできたことが大事だと考えがちだったところが、その価値を「感じること」に置き換えるように方向性が変わってきている。
なぜかというと、人は学んでいくものだからです。学ぶっていうのは、既にあるものを知ることももちろん大切ですが、それによって内面の精神世界がどれだけ大きくなったかということがより大切なんだと。

 

だからわたしたちは、それぞれに個であって当たり前で、他のものと比べたり優劣つけたり順位つけたりすること自体が間違ってるどころか、諸悪の根源なのです。
まして、私たちの持っているこの個というものは、それ自体が素晴らしくたとえようのないくらい美しいのに、それ自体を一瞬で切り崩してしまうような考えが世間を覆ってきたので、ちょっと待ってよ!と言いたいくらいに人が”感じること”を封じるのです。

 

「私のもっているものはこれです。」と表現するのが感受性ですから、 こう書くと固いですけれども、どう感じてもいいではないですか。そこによこしまな気持ちやエゴや各々が変な解決できない感情があるのでことは厄介になるだけであって、感じるそれ自体はなにも悪くない。そういう変な感情(エゴ)を解決して浄化して昇華させるためにも、自分の中のエゴを外にだす。出さなければ本人に気づかないから、そのまま未解決のまま人生進んでしまって、ただ単に「生きてるだけ」になってしまうのです。あとは気とか体液とか濁ってふさがれて病気になる。

 

わたしたちからは全くどうしようもないくらいこびりついているその汚れというかエゴというかカルマのようなものが、私たちの外からの力で(影響で)解決できるのが、その外に出すことなのです。 外に出したらわかる。まわりの人も自分も。
こういうときって、言葉なんてそんなに重要でないんです。だって、Aさんから「大丈夫だよ」って言われてほっとするかと思うと、Bさんから「大丈夫だよ」って言われてかちんとくるってありますよね。   それってだから、どれほどその人が思いやりの気持ちをもっているかは、その言葉じゃなくて身体で感じている証拠じゃないですか?

 

これからは精神性の時代だ、風の時代だなんて言われてますが、 大事なのはそういうことじゃないかと思うんです。自分の周りの人に、自分の思いを伝えることだと。論の展開よりも、「私こう思う」ってあなたの素朴なひとことの方がずっとずっと人々が待ってる。本心を聞きたいんですよみんなおたがいに。

 



 

 

 

 

 

ブログ一覧