Blog ブログ

Blog

ホーム//ブログ//浄化情報その6 自分でできる箇条書き

ブログ

浄化情報その6 自分でできる箇条書き



 

思っていることを箇条書きにしていくのです。はじめは日記のようにあったことをただ書き留めるのでもいいです。「今日は○○を食べた、タバコを半分に減らした」夢を覚えていれば夢の内容でも良いです。「○○と言われ腹が立った」など文章化された自分の行動と意識を改めて読むことによって、だんだん自分の気持ちがでてくるようになります。すると時間の経過とともに自然に、怖い、悲しい、寂しい、嬉しいとかそういった、思いもよらなかった感情を抱くこともある。

 

 

おそらく、同じように感じている多くの人の集合意識にタッチしているのではないかと思います。コロナによって、お金の意義とか自分の本当にしたい仕事は何なのかとか、家族の在り方や、食べ物の安全性、子供たちの未来のことなど真剣に考え、生きることを1から考え直しリセットしようとしている多くの人の集合意識は、自分の感情に立ち向かっています。自分の恐れや人間不信や深い悲しみや自暴自棄などに立ち向かっています。そんなこと人生の中にそうそうあるものでない。それが今なのでしょう。

 

今、このコロナ禍で大変な目に合って、立ち上がろうとしている多くの人の集合意識があります。「やはりなんかこの世の中おかしい。政府やテレビの報道も、感染者数の急激な変化があやしい気がする。もしかして陰謀論も全部正しいとは言わなくても一理あるんじゃないか?」という空気が出ているようです。子供たちや高齢者の方も本やセミナーで真実を知って解決するため新しい活動に踏み出している方もいらっしゃいます。

 

見ないようにしようと真実から逃げるタイプの人。自分の感情にいつまでもどっぷり浸かっていたいタイプの人。自らの心の中にあるそれらの癖を軽くいなしながら、多くの人の集合意識の助けや励ましを受けて、そのうえで、しっかり自分の力で立ち上がるのだという意思をもったとき、それを手放すことができるのです。

ゴールは自分の力で立ち上がる。

 

出てきた感情はそれはそのまま流します。ありのままただ感じてください。簡単でありながら、実に効果的な方法です。ぜひやってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ一覧