Blog ブログ

Blog

ホーム//ブログ//病気になったら、ではなく「なる前にすること」

ブログ

病気になったら、ではなく「なる前にすること」



あっという間に一年が過ぎ去ってしまって、一体2020年はどこにいってしまったのでしょうか。

でも、あらためてコロナ騒動でいろいろなことを考えることになりました。一番感じたのは、報道が多種多様であるということです。TVや新聞で言われていることと、SNSなどで得る情報とが、まったく違っています。

最初はびっくりしましたが、「検索エンジンによって同じトピックでも上がってくる内容が違いますよ」と教えてもらいました。(ちなみに検索エンジンは、ダックダックゴーをお勧めします。)

本当のことが知りたくてブログや動画などを見て調べていくと、そのうち面白い発見があって、書籍をドサッと買い込んだりして。”自分で調べる”という習慣ができました。子供の時の課題学習のようですね。興味のあることなら、新聞の切り抜きや絵をかいたりして研究するのは全然苦ではなくむしろ楽しい時間でしたよね。

コロナ騒動で感染を防ごうと手洗いうがいを励行するだけで、随分とインフルエンザ罹患数が激減できることも実証されました。アーユルヴェーダでも帰宅したら手洗いするように、と古典書にありました。当たり前のように思われるかもしれませんが、その当たり前のことを実行したなら、かからずにすむ病気を防げる予防医学だということですね。

もちろん免疫力を上げることが最も大切です。テレビを見ながらでもスクワットやストレッチをして体温を上げることで少しずつですが抵抗力が上がります。冬は消化力が高いので、肉や米小麦などの炭水化物など、消化重性の性質の食材をとるべきと推奨されています。楽しみながら免疫力を上げられそうですね!

コロナを機に、かからないようにどうしたらいいか、という発想をこれからの習慣にしたいものです。

 

ブログ一覧