Blog ブログ

Blog

ホーム//ブログ//アーユルヴェーダとは

ブログ

アーユルヴェーダとは


皆さんは「アーユルヴェーダ」という言葉に聞き馴染みがあるでしょうか?

今回は「アーユルヴェーダ」を知らない方・言葉だけは聞いたことある!という方のために、
アーユルヴェーダとはどのような考えを大切にしているのかをご紹介したいと思います。

アーユルヴェーダとは、オイルマッサージや浄化療法をベースに、食事療法やヨガなどを組み合わせ、
体内から余分な物質を排出させ浄化していくという考え方です。
心身共に調和のとれた、健康的な生活、予防医学の考えを大切にしています。

インド式エステなどと言われることもありますが、実はインドやスリランカに伝わる古典医学なのです。

その歴史は5000年以上とも言われ、世界最古のインド発祥の伝統医学です。
また、アーユルヴェーダは世界3大医学の一つでもあります。

アーユルヴェーダの語源は、
サンスクリット語のアーユス(Ayus:生命)とヴェーダ(Veda:科学)を組み合わせた「生命科学」という意味です。

アーユルヴェーダでは、自然のエネルギーから体が構成されていると考えられており、
その構成されているエネルギーを「ドーシャ」と言います。

「ドーシャ」とは、病素という意味があり、体に起こる様々な体調の変化に関係していると考えられています。
ドーシャには「ヴァータ(風)」「カパ(水)」「ピッタ(火)」の3つの要素があります。

そのため、ご自身がどのような体質なのかを知ることで自分の体に向き合うことができます。
この3つの要素にはそれぞれ特徴があるのですが、こちらに関してはまた次の機会にご紹介させていただきます。

アーユルヴェーダではドーシャ理論の観点から体を理解して、不調の原因と対策を考えていきます。
オイルマッサージで過剰なドーシャを鎮静させてバランスを整えます。
そのオイルマッサージを行うことでエネルギーとしてのドーシャを整える、そして物質としてのドーシャが排出されることで
体内の浄化等も行うことが出来ます。

今回は「アーユルヴェーダとは」という大きなテーマでご紹介しましたが、
このブログでご紹介した「アーユルヴェーダ」の内容は一部に過ぎません。

今後も「アーユルヴェーダ」について少しずつ、皆さんへ発信していきたいと思っています。
どうぞ、宜しくお願い致します。

ブログ一覧